応募区名の当落と矛盾2006年02月20日 21時41分43秒


地名である旧市町村名など応募上位の区名案がどうなったか作ってみました。
どう見ても行画審と検討委の審議過程はご都合主義、一貫性はなく矛盾だらけです。
今さら何を言っても無駄なんでしょうけどね。
そうそう、行画審の方々は答申が終わる3月末で任期が切れるとお役目が終わります。
足跡だけしっかり残して、、、。
このことが忘れ去られぬように下表に記した応募区名の当落表と私なりのコメントをしばらくの間掲載しておこうと思います。

応募区名の当落表
 
 
1位
2位
3位
4位以下で候補案に入ったもの
1区
 
豊栄阿賀北豊浜、豊、東みなと(復活)
2区
 

復活
通船、阿賀西、旭
3区
 
中央
復活
万代柳都、白山
4区
 
亀田湖南、江南、梅田、瑞穂、芦原
5区
 
新津 秋葉
(あきば)
さつき、秋葉(あきは)、美咲、金津
6区
 
白根中ノ口みのり、若葉、果豊、桃花
7区
 
西
復活
坂井輪内野新川、美浜、文教、汐美
8区
 
西蒲角田穂波、多宝、美郷

<これだけは言っておきたい。(`_´)>

区名審議1回目、10月の行画審から旧市町村名採用に後ろ向きな発言が相次ぎ、結局、一体感、愛着、未来志向、応募の多寡は参考程度として、旧市町村名の取り扱いを曖昧なままにして区名案募集は行われた。
当初の検討委では旧市町村名を地名として分類していたが、多数の応募と多数の肯定意見より、少数の反対意見とセンス?にこだわる委員意見を尊重し、旧市町村名を調整枠へ移し、手にあまったとして地域審等へ放り出し、委員の責務を放棄した。
地名から調整枠に入った旧市町村名は、いつの間にか旧市町村名という一括りで扱われるようになり、地域審等の協議結果により、多数の応募案に蓋をし、住民に意向を聞く前に候補から全て除外された。

・旧市町村名に関して新潟市議会議員で構成する政令指定都市調査特別委員会と新潟クラブの再三にわたる民意を尊重せよとの要望にも行画審は審議せず全く耳を傾けなかった。

・東、西は検討委では方位の使用を「旧新潟市域での東西南北」と「合併後の市域での位置関係」について相違があることから全市的な整合性を優先していたが土壇場の行画審(2/14)で応募数が多い、要望がある、愛着がある等の理由で復活した。

・中央は検討委では中央とその周辺といった地域の格差等をイメージすると懸念されることから候補として選考しないこととしていたが土壇場の行画審(2/14)で応募数が多い、要望がある等の理由で復活した。

・亀田地域審からの要望書(中央を入れる、梅田を除外)は審議されずに梅田は候補に残った。

・小須戸地域審からの要望書(新津固有の地名である秋葉を除外、金津は論外)は審議されずに両方とも候補に残った。


新津と小須戸は対立などありません。

もし、少なからずそれがあるとしたら、その原因、起因の全ては行画審にあります。

あなた方の言う一体感とは、果たして如何なるものだったのでしょうか。

今、私達の大切な故郷は落胆とあきらめが広がっています。

傍聴者の1人としてあなた方に問いたいと思います。


関連記事: 決着・・・?(9/4Write)
ようやく動いた。(8/17Write)
行画審への審判下る(7/17Write)
分権型に拘り、新津には拘らない(3/28Write)
ねじ曲げられた民意(3/25Write)
ウェブde区名意向調査(3/22Write)
新潟市と浜松市(3/7Write)
新津区を除外、5区はどうなる?(2/7Write)

コメント

_ 名無し ― 2006年02月21日 23時13分36秒

行政区画審議会ってそんなに強い権限を持っているのですか?
新津だけいつまでやってんだ?って感じで見てましたが、表とコメントを見て、yakumanさんの仰ることも理解できて、なんだか憤りを感じてきました。
1からやり直せればいいのにね。

_ 名無しぃ ― 2006年02月22日 00時15分19秒

1からやり直すにしても そしたらそれはそれで当分決まらないってか募集すら出来なくなるでしょう。

それは、募集ガイドラインを決める際に「旧市町村名はOKなのか?」の部分で 揉めて「入れろ!!」「中心市町村だけ入れろ!!」「入れるな!!」「最初から別枠で全部入れておけ!!」など そこの部分の整合性(新潟市全体での統一見解)を決めるだけで相当かかりそうですので。

各区ごとに 「ここの区は旧市町村名を入れてもいいけど、ここの区はだめになった!!」みたいなのでは だめでしょうから。

_ yakuman ― 2006年02月22日 20時38分50秒

その通りですね。
はじめからガイドラインを曖昧にしたからこうなったと思います。単純に応募上位を候補に入れ、委員の審議で追加候補を加えて意向調査をやりますとしておけば何の問題もなかったのです。

行画審に一番求められた仕事は意向調査後の審議なのです。

_ 名無しぃ ― 2006年02月22日 21時02分06秒

だから、応募の前段階で
「旧市町村名は是か非か?」
って 話し合いが必要だったの。

それを・・・
「実は 認めないことに決めてたの。(*^.^*)えへっ」

みたいなことを 行画審でやっちゃったから問題なの。

それなら そうと募集する前に
「旧市町村名は除外いたします。」
って 言っとけば ここまでの問題にならなかったの。

_ 名無し ― 2006年02月22日 23時59分10秒

うーん、それはどうかなぁ。
そうしてしまうとやっぱり意見を聞かないうちになぜ?ってなるんじゃないのかな。
たぶんyakumanさんの言うようにせめて1位は入れて調査した方が結果はどうあれみんな納得するんじゃないかな。
小学生以上っていうのも笑っちゃうヨネ

_ 名無しぃ ― 2006年02月23日 00時29分38秒

行画審の初期からの方向付けとして
「旧市町村名は使わない」
ってのがある以上
先に言っておいて世論で
「それはおかしいぞ!!」
って出てきたら、議論したり場合によっては方向転換する話で

今回やったのは 騙し討ちみたいなもんじゃん。
募集するだけ募集しといて
「旧市町村名は却下の方向で・・・」って・・・

だったら最初っから 言っとけばよかったのに。

それと 新津区推進派が希望してるのは

「(5区では)新津(だけ)を候補に加える」ことなのか
「旧市町村名を候補に加える」ことなのか はっきり聞きたいです。
つまり、旧市町村名を加えた投票の結果5区が

「新潟市小須戸区」

って なっても 受け入れられますか?ってことです。

そこんとこどうなの?>yakumanさん

小学生以上が投票対象者ってのは・・・

「ある程度 分別がつく年齢」で、「将来 新潟市に住む可能性のある人たち」だからじゃないっすか?
自分たちの未来は自分たちで決めさせるってことで。

_ 8区民 ― 2006年02月23日 11時08分30秒

 旧市町村名も候補に含めて区名を検討するつもりだったのが、旧新津市と旧小須戸町が争いを始めたのでその事だけに時間を割きたくない行画審が強引に「使わない」という方向に持って行った・・・が私の想像するところです。

 行画審は最終的に区名の整合性をとる事に徹すれば良いのに、地域毎に審議すべき事まで強引に決めようとしているのでおかしな事になっているのではないでしょうか。

 ただ、実際に何が起きているのかは知りませんが、端から見てると旧新津市と旧小須戸町が行画審に問題を丸投げしているようにも見えますが・・・。5区(だけに限りませんが)としての要望がまとまらなければ、どんな結果が出たとしてもしこりは残ってしまうと思うのですけどね。

_ 3人の子供のかあさん ― 2006年02月23日 12時19分37秒

候補に挙がっている区名を家の子供に聞いてみました。
「新潟市秋葉区、金津区、・・・・・?ハー?なんで?どうして、新津区にならねんね!」とのこと。
だって、東京の大江戸線、古都京都、大内宿、銀山温泉の町並み、・・・・・・・等アンバランスですが、皆古いものを大切にするいま、それが次世代へのバトンタッチで残す時代の流れでしょう?
なぜ歴史ある名前を切り捨てなければいけないのでしょうか?審議会の方々それらを考えてますか?

_ 名無しぃ ― 2006年02月23日 13時05分13秒

3人のかあさん 様へ


>なぜ歴史ある名前を切り捨てなければいけないのでしょうか?

新津にだけ歴史があるのですか?
新津はほっといても「新津郷」として名前が残りますが
小須戸に 至っては 今回残さないと消える可能性のある地名ですよ。

>皆古いものを大切にするいま、それが次世代へのバトンタッチで残す時代の流れでしょう?

その主張からしたら
「新潟市小須戸区」じゃないんですか?
その 「小須戸」が 譲歩して 「旧市町村名はやめよう。未来志向で行こう。」って言ってるんだから譲るなり

新潟市○○区新津△△町

にしよう って 考えは浮かばないものでしょうか?

_ yakuman ― 2006年02月23日 18時53分07秒

名無しぃさん
コメントいろいろありがとうございます。

> 「新潟市小須戸区」
> って なっても 受け入れられますか?ってことです。

私は区名結果がどうあれ、今回の審議過程に異を唱えているのです。
民主主義は少数意見にも耳を傾ける公平公正な姿勢がもちろん望まれます。一方でその意見が割れたとき最終的な判断材料は”数”です。
例えば、5案に加えて「新津」「小須戸」を加えて意向調査をしたとしましょう。結果、「小須戸」が両地区から多く支持されていれば当然「小須戸」を受け入れます。両地区で不均等だったときに公平で公正な審議が必要であり、それでも解決しない場合は”数”によって結論とする。
この当たり前のことをやろうとしない行画審に腹が立つのです。

小須戸には仲の良い友達夫婦がいますが、同じことを言っています。

_ 某政令指定都市市民 ― 2006年03月03日 19時21分52秒

根本的に新津と小須戸じゃ人口が違う。
ここに数は民意、という理論を持ち込めば新津が勝つのが当然。
そこを考えると、新津推進派の皆さんの「新津区が候補にないのが不満なんじゃない。民意を無視したのが不満なんだ」という言い方は、詭弁だといわざるを得ない。
あなたがたの言う民意(=数)を尊重すれば、新津区が選ばれて当たり前なのだから。
例えば、新津地区と小須戸地区の票について、人口比によって補正をかけて比較する、とかいう方法なら、数も民意だと認めるのはやぶさかではないが。

_ yakuman ― 2006年03月03日 23時44分05秒

http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/singikai/siryou14/kaigiroku14.htm

これは2月9日の行画審議事録ですが、この時の審議で”新津”は候補から外れました。

ある委員は「5区に関しては、二段階式のアンケート方法をとりまして、小須戸地区については人口割合で6倍・7倍にして換算する。人口比率に合った形で意見を聞いて、同等となる形で調査できればと思います。」

この意見は某政令指定都市市民さんが指摘されたことそのものですね。私も解決策を示すとても良い意見だと思いました。

またある委員は「にいつと平仮名で書いた方が良いというのが住民の意見で出ているんです。こういう平仮名で書くのも、旧市町村名ということで悪いという考え方なんでしょうか。」

と意見しています。

しかし、建設的な意見にもかかわらず、それ以降は全く審議されずじまい。私はこの審議姿勢に強い憤りを感じます。傍聴者の多くは大事なことを議論しない行画審に???だったはずです。

前の記述の”数”で結論とする、についての補足です。
意見が割れた時、最終的な判断材料は”数”だと思います。選挙も数で決めますから、”数”は民意の表れだと思います。
ちなみに、行画審の方々は選挙(数)で選ばれたわけではありません。よって行画審には”数”を否定する権限は無いと考えます。
本来の行画審に求められる審議は、意向調査前ではなく、意向調査後にあると思います。調査結果をいろんな角度から精査分析し、公平で公正な審議がなにより必要なのではないでしょうか。
そして、結論が出せない時は選挙で選ばれた市長、市議会に判断を委ねる。

これが当たり前のことだと思います。

やはり今回の審議は間違っていると思います。

_ 雪月花 ― 2006年03月07日 17時44分40秒

行画審の委員の選出が民主的でない、とのご意見は同感です。委員は、団体の長などや、どこかの団体や誰かの推薦で選ばれています。このやり方は、従来の旧態依然とした方法です。そこへ丸投げした新潟市長さんの責任と指導能力にも、問題がありそうな気がします。
次に選ばれた審議委員が、区名を決定する気になったことが問題です。彼らは、区名を決定するのではなく、区名決定にあたって、もっとも民意を反映する方法について議論し、方法を決めればよかったのです。
行画審がやってきたことは、従来からの、まったく昔からの、田舎の民主主義的な会議のやり方なのです。
そこへ、市長は、なにを、どのようにするかも示唆することもなく、丸投げしたのです。これも、問題です。
そのために、委員さんは、区名を決定することになってしまいました。しかし、自分達でよい区名も浮かばないので、とりあえず第一次の区名を募集しました。出てきた区名が、多品種で少数投票数だけの区名が多かったので、意見をまとめるために、一体感を損なうとして、地名をはずし、訳のわからない内部選考基準をつくって、意見をまとめたのです。委員も委員ですが、新潟市長も問題があります。これが、行政都市新潟市を目指す市の、市民党を自称し、民意を尊重するという市長のやり方なのですから。
新津地区の住民がうるさいとか、もめごとの源といわれますが、意向調査までは、何にもなかったのですが、地名をはずすとか、一位をはずすとかの基準を、権限もない行画審が訳のわからん内部基準を決定してから、これは黙っていられないと、新津の将来を憂える人達が、新聞に投稿したり、運動を始めたのです。今まで、実名で投稿した人達は、地元では、有識者と言われる人で、人望厚い人達ばかりです。本来は、このような人を行画審の委員にするべきだったのです。
関心度が上がったところで、行画審委員を選び直したうえで、もう一度、やり直しますか。それも、選択肢のひとつです。

_ yakuman ― 2006年03月07日 19時22分00秒

雪月花さん

コメントありがとうございます。

ところで、雪月花さんもご存じだと思いますが浜松市も政令指定都市を目指していますよね。
こちらは新潟市より少し先行して区名意向調査を行い、先ごろ結果が公表されました。

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/dmc/kuwari/touhyoukekkagaiyou.htm

浜松市は、応募の多かった旧市町村名(天竜1位、浜北1位、引佐1位、浜松4位)や方位などを全て候補に入れて意向調査を行いました。もちろん、応募や意向調査時における要項は、一体感とか整合性云々、あえて市民を混乱させるような表現は一切無かったようです。委員も学識経験者より地域の代表者が多く選ばれています。

これが行政区画審議会の自然な形だと思います。

今後、浜松市行政区画審議会がどのような答申を行うかは別として、これまでの浜松の審議過程は当たり前のことを当たり前のように行った結果だと思います。

同じ政令市を目指す地域でも、こうも違うものかと、羨ましくも思い、ため息も出ます。

今、新潟市でも意向調査の真っ最中で間もなく結果が出ます。おそらく、新潟市行政区画審議会はこの結果を民意と呼ぶのでしょうね、とても残念ですが、、、。

_ 遠藤 龍司 ― 2006年03月07日 21時37分20秒

 私は、新津地区に現在住んでおり、5区の区名は新津がよいと思っております。

 まず、小須戸地区の住民の皆様と新津地区の住民の皆様に対して、中立な立場の世論調査機関に依頼して、5区の区名は「新津」でいいのか、わるいのか調査をしていただきたく新津商工会議所にお願いしようと思っております。

 仮に、署名運動が始まれば、あまり意味がないかも
知れませんし、結果としてどういう区名になるかにもよりますが、将来のために、小須戸地区の皆様が、本当に「新津」ではいやなのかどうか、数字をつかんでおくことは、意味のあることと思います。
 たたし、調査結果が実態を反映していると仮定してですが。

 政令指定都市実現後、新津・小須戸の両地域審議会は解散し、新たな機関が設立される予定です。
その際、現両審議会の重職につかれている方々が、委員に任命される可能性は大です。
 その時、区名問題が、尾を引くことは、必定と思われます。協議をするとき、あいつが右なら俺左です。
これは、全くばかげた事ですが、世の中おうおうにして、ありうる事です。意外と多いです。
 そのような、事態をさける為にはどうしたら、いいでしょうか。私は、今回の区名問題を「争いの歴史」としてではなく、後世に誇れるような「叡智の歴史」としての決着のしかたを願ってやみません。
 「合併した市町村の名が消えてゆく中、5区は小須戸地区の住民の皆様のおかげで、新津という名を残すことができました。新津地区の住民は、このご厚情を忘れることなく、子々孫々に伝えて行きます。」とかなんとかなりませんかね。知者・賢者の皆様、方法を教えて下さりたく、伏してお願い申し上げます。 

_ yakuman ― 2006年03月07日 22時24分53秒

遠藤さん

コメントありがとうございます。

> 中立な立場の世論調査機関に依頼して、5区の区名は「新津」でいいのか、わるいのか調査

大賛成です。あれだけの応募数のあった”新津”について曖昧にしておくことは両地区にとって良くないことだと思います。本来なら両地区の地域審議会がいち早く行うべきだったと思いますが、、、。

> 「合併した市町村の名が消えてゆく中、5区は小須戸地区の住民の皆様のおかげで、新津という名を残すことができました。新津地区の住民は、このご厚情を忘れることなく、子々孫々に伝えて行きます。」

仮に新津の善し悪しを調査し、小須戸の皆さんが「新津でいいですよ」と答えてくれたら「ありがとう、新しい新津で一緒にがんばりましょう」で一件落着ですよね。

で、「好ましくない」とされた時ですが、それでもなお新津の皆さんがどうしてもと言うなら、遠藤さんが仰るように小須戸の皆さんに理解を得ながら心からお願いする(例えば署名)、そして感謝の気持ちをいつまでも忘れないということが大切でしょうね。

もっとも、浜松のように単純に考えて募集し、意向調査を行っていたらここまで拗れなかったとは思いますが、、、。
返す返す(かえすがえす)も新潟行画審の考え方が残念でなりません。

_ よそ者ですが ― 2006年03月16日 18時19分52秒

旧市町村名を区名から外した時点で新潟市が観光でパッとしない理由が分かった気がします。新津、小須戸で区名を考える前に、鉄道、石油の新津とボケ(花)の小須戸のどっちが観光客がたくさん来るかも考えてほしい。区名に観光名所が入れば観光の弱い新潟市にとって観光客は予測できない経済効果だし。白根だってお百姓さんがドロボーに遭いながらも汗水たらし有名にさせた白根の梨の知名度を低下させていいのだろうか?
カッコいいだけで何も意味のない区名より、人の集まる区名がいいよね。特に観光客は意外な地域からの収入があるしね。そういった意味で学識経験者は旧市町村を区として残して欲しかったね。

_ 雪っこ ― 2006年03月16日 21時34分14秒

まもなく集計結果が出るのでしょうが、まあ、この状況だと、5区はどうなんでしょうかねえ。
どれが一位になってもパッとしないと言うか・・・。
新津区と書かれた大量の無効票が出ている気がしてなりません。

それはさておき、浜松市と比較して、単純に浜松が優れていた、と評価するのは早計かと思います。
というのも、浜松市の場合、旧市名がすんなり選ばれた2区に関しては、浜北はもともと区域全域が完全に旧市域と一致しておりどこからも異論の出る余地がなく、また、天竜は、圧倒的に規模の大きい天竜と、その他多数の小規模町村との集合体であり、地域を包含する名称としても天竜がもっとも適切だったからです。
つまり、すんなりと決まる素地があったということ。

新潟の場合、5区は新津と小須戸しかないため、意見対立の構図になりやすい、というのが浜松市との違いだったのだと思います。

_ 小須戸っ子 ― 2006年03月29日 10時21分45秒

はじめまして、5区の小須戸住民のひとりです。

いろんな意見が出ていますが、私は候補に挙がっているものほとんど賛成できません。秋葉・新津・さつき・金津・・・
なぜならすべて新津に関連するものばかり。その区名を聞いて、小須戸を連想できません。
ニュースで取り上げられてるように新津住民はいまだ新津を候補にあげてほしいとのことですが、それは小須戸住民が小須戸区にしてほしいと言うのと同じこと。もし、小須戸住民がそう主張すれば絶対、新津住民は嫌がると思います。新津はここまできてもなんで自分たちの意見を通そうとするのか・・・もうわがままにしか聞こえてきません。他の区は落ち着いているのに、新津だけこんな調子。
しかも五区だけ今まである地名が候補にある。なんかおかしく思います。
唯一地名ではない緑区がいいと思う。新津も小須戸も花と緑がキャッチフレーズのようなものだし。すでにある地名ではなく、5区は二つの市と町で出来ているんだから、この際なかよく新津と小須戸の両地区共通するような言葉で区名を作るべきだと思います。

片方の地域だけの名前を使えば不公平になるし。
もっとそこに住んでる住民の意見も聞いたりして住民全体でも意見を決めていって欲しい。
お偉いさんたちだけできめるのは住民も納得なんてできないと思う。

_ yakuman ― 2006年03月30日 01時13分45秒

小須戸っ子さん

貴重なコメントありがとうございます。
このブログカテゴリーは、行画審の一連の審議過程に異を唱えるために書き始めましたが、見方によっては、なぜ新津を候補に上げないのか、ということにもなりますから、小須戸っ子さんにとっては、見ていてとても気を悪くされたことと思います。
ですから、ご意見は本当に嬉しく、心から感謝いたします。

さて、私の知っている小須戸の友人知人の中には、小須戸っ子さんと同様、不公平になるから新津や新津固有の地名は嫌だという人がいる一方で、愛着は少ないけど合併当時から区名は新津と思っていたという人もいます。以前、小須戸在住の方が新潟日報窓欄で分かりやすさから新津がよいという投稿もありました。
こういった話や記事を見て「小須戸地域も大勢理解者がいる」という空気が新津地域にあるのは事実だと思います。正直なところ、私も未だに半信半疑なのです。すみません。

仮に、小須戸の皆さんの殆どが新津、或いは新津固有の地名は嫌だというなら、それは行画審が示した区の一体感を損ねるものだと思います。
しかし、行画審はそのことを調査しませんでした。住民に聞くことすらせず、曖昧にしました。
結局、5区は秋葉に決まってしまいましたが、5区の中だけで見ると緑がダントツの1位となっています。
不思議なことに、応募結果の公開手法とは異なり、今回の意向調査結果は全市と区別の得票数だけが公開、居住地別の得票数は未公開です。
もしかしたら、5区の中では新津と小須戸の得票がアンバランスになっていて一体感が損なわれているかもしれません。まっ、違うとは思いますが、もしそうだとしたら大問題です。
そんなわけで、近々、新潟市の情報公開請求により居住区別の得票結果を請求しようと考えています。

分権型とは名ばかり、中央集権的とも思える行画審には飽き飽きしましたが、ようやく3月末に解散です。
2度とこんなことは繰り返して欲しくないと思います。
これからは、小須戸っ子さんが仰るとおり、住民主体で進めていくことがなにより大切だと思います。

たとえ意見は違っても、それをぶつけ合わなければ得るものもありません。
新津と小須戸は同じ行政区。
区名論議をとことん行い、お互いすっきりした形で来春の政令市誕生を迎えたいですね。

_ 小須戸っ子 ― 2006年03月30日 10時37分44秒

詳しいことなどさっぱりわからず、ただこういう意見を持った住民もいるんだってことを知ってもらいたくて、ただ単に自分の思いをコメントしてみただけです。
すみません・・・

このようなブログがあって、とても嬉しく思います。
もっとたくさんの人にこういうブログ見てもらいたい。
そうすればもっとたくさんの意見も聞けるし、もしかしたら解決のひとつの糸口にもつながることだってあると思うし。
お偉いさんたちにも見てもらいたい。そしてこの区の住民はこういうことを思っているんだなど知ってもらって、意見まとめほしい。じゃなきゃ、一部の人間の意見だけで大事な事が決まっていくと思う。
一番大事なのは区の住民の意見。住民の意見を聞き入れて尊重してまとめて発表なりなんなりするのがお偉いさんたちだち思う。

でも残念なことに住民の意見がじゅうぶんに尊重されてないのが現状。

他の区は順調に決まっていく中、5区だけがニュースに大きく取り上げられている。
こうなったら、本当に新津・小須戸両地域がちゃんと納得した結果を出してもらいたい。
 
今は5区だけまだいろいろやってるよなどと思われている分、来年には、他の区にはない一体感を出して、あれだけ話し合った分、すばらしい区名・区になったなーと良い意味で注目される区に生まれ変わってほしいと思います。

なんか秋葉もいまいちピンとこない。新津じゃなきゃ秋葉・・・なんで秋葉が出るの?って思う。
お偉いさんたちはどんな考えを持っているのか知りたい。違和感とか感じないのかな・・・それだけ自分の所の区以外興味はない感じなのか・・・
新津があがっていたとき、一体感を損ねるから地名は使わないってなったのに、なんかお偉いさんたちの言うことは矛盾してるようにしか思えません。

長々、くだらないコメント本当にごめんなさい。

_ 新津区にしないのはバカである! ― 2006年08月25日 14時21分41秒

新津区大賛成!新潟の発祥地の新津は関東でも江戸時代江戸より人口が多く縄文遺跡や歴史があり由緒正しい人々が住んでいる所、名勝旧跡。新津区にしないのはバカである!

_ 市民の大多数が新津区賛成なのに、しないのはテロである! ― 2006年08月25日 14時25分21秒

新津区大賛成!新潟の発祥地の新津は関東でも江戸時代江戸より人口が多く縄文遺跡や歴史があり由緒正しい人々が住んでいる所、名勝旧跡。新津区にしないのはバカである!

_ くされ新津人 ― 2006年08月30日 14時43分50秒

社民・共産の巣w

_ 団体行動ができない新津人 ― 2006年08月30日 18時25分07秒

自分たちだけ特別だと思ってるのか?
よその区は旧名なんて使ってないぞ?
恥ずかしいとは思わんのか?
よほど頭がおかしいんだろうな。

新津とか新津緑なんて使うなよな。

_ これ見ろ ― 2006年08月30日 18時27分46秒

区名意向調査結果
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/singikai/siryou16/1.pdf

5区在住者の投票
(1)緑 1,665 (2)秋葉 942 (3)さつき 622 (4)金津 274 (5)美咲 194 (合計 3,697)
他区在住者の投票
(1)秋葉 8,097 (2)緑 4,019 (3)さつき 3,030 (4)美咲 1,359 (5)金津 813 (合計 17,318)
合計
(1)秋葉 9,039 (2)緑 5,684 (3)さつき 3,652 (4)美咲 1,553 (5)金津 1,087 (合計 21,015)

_ ここで吠えろ! ― 2006年08月30日 18時31分55秒

●内容 市長説明 テーマ「政令指定都市に向けて」
9月 3日(日) 午後3時~4時半 新津支所
どなたでも,どこの会場にも参加でき,事前のお申し込みは必要ありませんので,お気軽にご参加ください。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/simin_soudan/katarukai/18kataru/18kouki/nittei.html

_ 新津区・新津緑区が通ったら! ― 2006年08月30日 18時48分37秒

豊栄市・亀田町・白根市・巻町は旧名を復活させよう!
新津だけいいなんておかしいすぎるからな!

_ 新津緑? ― 2006年08月30日 21時51分41秒

誰が考えたんだ?

_ yakuman ― 2006年08月30日 23時51分59秒

9月3日に小須戸地区へ三択方式(1.新津区を認める 2.新津区は認められないが新津緑区は認める 3.答申の秋葉が良い)の再意向調査が実施されます。
市長は「さらに慎重を期して小須戸地区の意向を正確に把握する必要がある」と説明しています。
私は、小須戸地区に限定した純粋な意向調査であるなら、答申案の秋葉、先回の意向調査で5区1位の緑、そして請願採択の新津、この3候補が最も適した候補だと思います。
しかし、緑ではなく、折衷案の新津緑が最初から区名候補に入ってしまいました。
早く決着をつけたいのは分かりますが、階段をひとつ飛び越してしまった感が否めません。
今回の意向調査はその点が残念ですが、住民に直接聞く姿勢は評価したいと思います。
それと投票率は小須戸地域の区名に関する関心度を測る尺度として重要な要素だと思います。

非常に長くなりますが、これまでの経緯(5区について)を整理しておきます。
今までの区名プロセスをお知りになりたい方はぜひご一読下さい。
なお、< >書きの部分は個人的な主観です。

1.H17年12月14日、行画審の下部組織(検討委員会)は旧市町村名の取り扱いについて、手にあまったとして、各地区の地域審やコミュニティー協議会へ意見を聞くこととした。結果、5区を除く各地区は旧市町村名を区名としないことに合意した。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/singikai/kentousiryou7/kentoukaigiroku7.htm
<手にあまったのなら、応募の多かった旧市町村名を意向調査に加えた上で、各地区の住民へ直接聞くことが意向調査のあるべき姿だと思います。なぜそう考えなかったのか理解に苦しみます。また、地域審やコミュニティー協議会は選挙で選ばれた地区の代表者ではありません。はたして地域審やコミュニティー協議会が行画審のいう地区の声を代表する機関なのかどうか甚だ疑問です。>

2.1月12日、新津地域審は行画審へ新津を区名候補とするよう申し入れした。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/singikai/kentousiryou10/1-2.pdf

3.同日、小須戸地域審は行画審へ新津及び地名・地区を連想する区名を候補としないよう申し入れした。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/singikai/kentousiryou10/1-3.pdf
さらに小須戸地域審は行画審へ2月1日、新津及び新津に関連すると思われる地名(秋葉、金津、新須)を候補としないよう申し入れした。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/singikai/siryou14/2.pdf

4.その後、行画審は小須戸地域審からの秋葉、金津の除外要望を審議せず、5区の区名候補として秋葉、金津が入り、新津は除外された。区名意向調査の結果、秋葉が答申され、行画審は3月31日をもって任期を終えた。
<行画審は地域審やコミュニティー協議会を地区を代表する機関と位置づけながら、一方では小須戸地域審や各地域審、市議会(会派等)の要望に見向きもせず、旧市町村名の除外だけを決め、方位方角の各区名案を復活させました。この審議過程はどう見ても著しく公平性に欠けます。>

5.4月15日、新津・小須戸地区において答申された区名をテーマにした市長と語る会が開催され、新津地区では新津区要望と秋葉区への異論が続出、逆に小須戸地区では主題の区名について意見は全く出なかった。
新津地区
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/simin_soudan/katarukai/18kataru/niitu-qa.html
小須戸地区
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/simin_soudan/katarukai/18kataru/kosudo-qa.html
<小須戸地区では小須戸地域審会長が最前列で参加されていましたが、同地域審が除外要望した秋葉について会長からも参加者からも全く質問なく終了しました。正直な感想として小須戸地区の方々の区名関心度は新津地区と比べて低い(=どうでもいいのかな?)と感じました。(あくまでも当時の雰囲気ですが・・・)>

6.5区住民から提出された新津区を求める署名(請願)が新潟市議会で採決され、その後の会見で市長は、両地区の話し合いを求める声が多かったとし、両地区の地域審議会へ再協議するよう依頼した。また、市長はあくまで5区限定の話しと位置づけた。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/kumei/05_kumei.html
<新津区を求める請願が採択されたにもかかわらず、それでもなお、答申に固執し、結果が端から見えている地域審への話し合いを求めた市長の考え方が理解できません。見方によっては、答申尊重の理由付け、論点のすり替え、責任放棄とも受けとれます。>

7.今回の両地域審議会による話し合いでは、請願採択の新津(新津地域審)と答申の秋葉(小須戸地域審)がぶつかり、平行線のままだった。
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kouiki/seirei_shitei_toshi/kumei/05_kumei.html
<これこそ茶番です。両地域審の委員自ら「区名を決める権限があるのか?」と提起していましたし、新津地域審の委員は「請願が採択された状況下でそれ以外の区名を協議し合うこと自体、無理がある」とも言っています。その通りだと思います。>

8.9月3日に小須戸地区へ三択方式(1.新津を認める 2.新津区は認められないが新津緑区は認める 3.答申の秋葉が良い)の再意向調査が実施される。
<上述の通りです。>

_ 新津緑? ― 2006年08月31日 00時06分31秒

誰が考えたんだ?

_ 新潟の電気街 秋葉区 ― 2006年09月02日 01時34分59秒

秋葉だよね・・・やっぱり

しらねーぞ

トラックバック

_ niigata-boro.net daily-r - 2006年02月20日 23時29分11秒

新潟市、区名候補が決定 -朝日新聞 新潟市行政区画審:5区名案、最終決定 24日...

_ 晴れ、ときどきいのっち! - 2006年06月27日 00時05分17秒

あぁ〜、むかつく。
というか、やるせない。
凹む。


と、もうしますのは、本日車の中でラジオを聴いていましたら県内の蛍のことについて話題になっておりまして、、、

「加茂に蛍スポットがある!」
「五泉の橋田の蛍はすばらしい!」

とリスナーからのメッセ....

このブログについて

旧新津市は平成17年3月21日、新潟市に編入合併しました。そして平成19年4月1日、旧新津市は旧小須戸町と共に秋葉区(行政区)となり日本海側初の政令指定都市の一員として新たな歴史の第1歩を踏み出しました。
 旧新津市はH15年に「みんなで考えよう市町村合併」という冊子を全戸配布していますが、その冊子には新津という名前が無くなるの?という問いに対し「新津区として残したいと考えています」と回答しています。
 このブログは、新津区ではなく、秋葉区という区名に決まった過程を書いたものです。政令市の誕生とともに、このブログを削除しようと思っていましたが、どういう過程を経てどういった方々が関わって区名が決まったのか、しばらくの間残しておこうと思います。

RSS